« TREK2.3 その14 | トップページ | 92週目終了。最軽量に戻る。 »

2008年7月25日 (金)

TREK2.3 その15 ハンドル、サドル調整

*ハンドルの高さを1センチ下げました。

 下ハンの姿勢で漕いだ後、上ハンに持ち替えるとひどく高いポジションで漕いでいるような気がするからです。ということで、たったの1センチですが、ハンドルの高さを下げていただきました。その作業は見ていないのですが、できあがり状態を見ると、ステムの下に3本あったスペーサーの内1本がステムの上に移動していました。
 いつものコースを漕いでみた感じですが、ペダルを踏み込む時に力が入るようになった気がします。そして、スピードメーターを見て、いつもよりスピードが出ている!と喜んだのですが、どうも追い風が強かっただけのようです。帰り道に逆の事を感じてそう思いました。(笑)
 ただ、低い姿勢が楽になったような気はします。しばらく、このポジションで試してみて、首等に負担がかからなければもう少し下げてみようかなと思います。

*サドルの高さ調整

 サドルの高さや前後位置はペダリングに非常に重要と言われています。どうもしっくりくる位置がなかなか出てこないのですが、あることに気が付きました。レーパン等の履くものによって、しっくり感が異なるという事です。

T2973d_01 私は、レーパンとアンダーウェアを履いていました。レーパンは、パールイズミのコンフォートタンクトップパンツ T297-3D ¥12,800 ( 税込み ¥13,440) で、高いテクノロジーのパッド等が入っているもの。このパッドは、3D-Neoパッドと呼ばれており、見るからに結構金がかかっていそうなパッドです。

153_01

 もう一つのアンダーウェアは、パールイズミのメッシュ インナーパンツ 153 ¥3,500 ( 税込み ¥3,675) で、こちらはCパッドと呼ばれる薄いパッドが入っているもの。これは、本当に布一枚という感じの薄さです。

 私の場合、インナーパンツ 153の方がしっくりくるのです。金額的に高い方でしっくり来て欲しいのですがそうはなっていません。(笑)、なぜだろうかと考えてみた時に、非常に単純な話ですが、パッドの厚みが異なるせいではないかと思いました。

3dneo_2  3D-Neoパッドは、薄い部分で5mm、厚い部分で11mmもあるのです。Cパッドは全体的に均一の厚みで、触った感じでは2,3mm 程度しかないのではないかと思います。

C_2  これまで、サドルの位置を調整する時に、インナーパンツ 153を使っていました。一方、T297-3Dは、厚めのパッドなので、結果的にこれはサドルを高くした事と同じになります。
 金額的に高いものがしっくりこないのは悔しいので、T297-3D にちょうど合うようなサドル位置にして自転車を漕ぐつもりです。(爆)

206smt_01  追伸、クエスト パンツ 206SMT ¥5,500 ( 税込み ¥5,775) を購入して見ました。これは、SMTパッドと呼ばれるパッドが使われており、Cパッドより少し厚めのものが使われているようです。まだ、新品なのでパッドがゴワゴワとした感じです。

 一回だけ短い時間、はいただけですが、早くも欠点(?)を発見。縦方向の縫い目が、太ももにきっちりついてしまいます。この点、 T297-3D は、良くできています。

Smt

|

« TREK2.3 その14 | トップページ | 92週目終了。最軽量に戻る。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TREK2.3 その15 ハンドル、サドル調整:

« TREK2.3 その14 | トップページ | 92週目終了。最軽量に戻る。 »