2007年7月26日 (木)

G-SHOCK GULFMAN (GW-9100) 爺ショック

Gulfman_3  G-SHOCK GULFMAN (GW-9100)がカッコ良いので購入しました。今回は、時計の機能としては求めるものは全くなくて、欲しかっただけが動機です。しかし、考えて見ると機能を求めて買ったものは、Nike Triax C8 しかないと言えばないのですが(笑)

 この G-SHOCK の特徴としては、金属部にチタンを用いて錆びにくい事です。このモデルの広告には、海での使用を前提としたようなイメージのものが用いられています。その他はタフソーラー、電波時計の機能が 5局対応(日本2局、USA、ドイツ、イギリス)であることくらいでしょう。タフソーラーや 5局対応は、最近のカシオのトレンドです。エンジン部分の話なので、これを展開するのは簡単なことなのでしょう。5局対応は私にとってはほとんど恩恵にあずからないのですが、5つ目がリボルバーかマシンガン、最近ではクルマのヘッドライトを彷彿とさせるデザインがお気に入りです。

 購入動機がデザインなので機能はどうでもいいと言えばいいのですが、少しコメントを書きます。不満なのが、ストップウォッチのメモリー機能がないこと、日-曜日 表示ができない事の2点です。月-日 表示または、曜日表示は可能ですが、私は、日-曜日が好きです。さすがに、今日は何月だったかな?と思うことは少ないからです。

 で、デザインに惹かれたのですが、G-SHOCKのイメージは、私のような(笑)日焼けして引き締まった(爆)男性が、ターゲットユーザーかなと思っていました。先日の日曜日に、近くのショッピングモールで何気に G-SHOCK をしている男性を何名か見かけましたが、太っている(脂肪で)、日焼けしていない中年(爺)という点が共通していました。G-SHOCKのモデルまではわかりませんでしたが、GULFMANではない事を思わず祈ってしまいました。実際のユーザーは、お手頃な値段で丈夫、しかもデザインがカッコよくて、自分にぴったりと思って買っているのだろうか?まさに、その思考は自分そのものではないか?と、もしかすると自分も全く似合っていないのではないか?・・・・とショックを受けてしまいました。

 ですが、翌日の事です。バスで隣に乗り合わせた小奇麗でスマートな若者がフロッグマンをしていて、とても似合っていたので少し安心しました。ベルトに、TOUGH SOLAR と書かれていたので最近のモデルだろうと思います。
 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年6月28日 (木)

OCEANUS購入 丸2年目

 気がつくと、OCEANUS OCW-500TDJ-1AJF 購入後2年経ちました。2006年9月に以下のような感想を書いています。

http://homepage2.nifty.com/oharat/papa/watch/watchmono.html

 つまり、1)止まらない。(機械式時計のようにゼンマイを巻かなくても良い。)2)正確 3)日付表示 4)照明付 5) ストップウォッチ付 の5点が良いところで気に入っているという事です。今も、この感想には変化がありません。付け加えるとすると、気兼ねなく使える価格であるという事でしょうか?毎日ではありませんが、2年間使っていると傷の数も結構増えてきました。それで、ますます、気兼ねなく使うことができます。

Oceanus_manta  で、先日何気に新聞を読んでいたら、オシアナス・プレミアムライン登場みたいな感じで、新型が登場しています。CASIO OCEANUS Manta(OCW-S1000J-1AJF) というシリーズらしいです。私の持っている初代 OCEANUS に比べて、高級感がただよっているし(実際、値段も2倍以上違うのですが)、薄いし、ワンダフルと一瞬思いました。

 よく見ると、何となく、ATTESA ATP53-2702に似ているし。(笑)三つ目だし、デイト付きだし・・・。さらに、今、ジョギングで体力を適度に消耗している私に物欲を起こさせるものでもないようです。これ以上、クロノグラフもいらないでしょう。今のOCEANUSが壊れたら買い換えるかなという感じです。

Atessa2702_3_1 ただ、OCEANUSというラインのコンセプトが受入られて、シリーズが発展していることは私にとっては喜ばしい事です。

 今、欲しい時計は気温が計測できるものです。どうも最近ランニング時の気温が高く、同じ心拍数でも走るのが遅くなったような気がするのです。気温と心拍数とタイムの関係を明らかにするのも面白いかと?おそらく、CASIO Protrek あたりになると思いますが、左手に TRIAX C8、右手に Protrek で重量バランスも取れるし(笑)

 ということで、 機械式腕時計への興味は全く失ってします・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月29日 (日)

腕時計日差その後、フィギアGP

 クオーツ腕時計の日差について 9月1日 に書いてますが、その後を、『腕時計独り言』に掲載しました。気温が低くなって日差がプラス方向に大きくなってきました。予想通りです。電池の消耗で時計の進みが小さくなってきたのではありませんでした。(笑)

Apx200610290004_1  話は全く変わって、安藤美姫がフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦で見事優勝しました。拍手。トリノオリンピックではボロボロでしたが、見事に復活。得点的にはでトリノでの荒川女王を上回っている。採点方法が客観的基準に基づくため、パーソナルベストも意味を持っていると思われます。その意味公平な採点方法なんでしょうね。

【ハートフォード(米コネティカット州)28日共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦のスケートアメリカ最終日は28日、当地のシビックセンターで行われ、女子はショートプログラム(SP)2位のトリノ五輪代表、安藤美姫(トヨタ自動車)がほぼノーミスの演技でフリー1位と逆転し、歴代3位の合計192.59点でGP初優勝を飾った。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 1日 (金)

時計が正確になった。

 先日、腕時計独り言にクオーツ腕時計の進みが少なくなっていると書き込ましたが、さらにそれが顕著になってきました。
 この8月は、SND253の場合、平均日差+0.07秒程度。つまり、月に+2秒程度です。最も日差が大きかったのが4月で+0.35秒程度。月に+10秒ですから、日差が約1/5です。水晶発振子の発振周波数の温度依存性によるものだと思います。

 もう一本のクオーツも、今月は+0.14秒、最も大きい5月で+0.27秒の約半分。電池の消耗でパワーが落ちているというオチだと面白くもなんともありませんが、涼しくなって進みが増えてくると面白いかも?
 でも、いつになったら涼しくなるんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

OCEANUS 購入後1年

 何となく腕時計が欲しくなって、OCEANUS を購入しましたが、約1年経ちました。今年初め頃から機械式時計にも興味を持ちましたが、まだ、飽きずにいろいろ楽しんでいます。

 だんなの部屋の 腕時計独り言 にコンテンツを追加しました。まあ、こんなデータをとっている暇人は少ないでしょうね。暇な方はどうぞご覧下さい。(笑)

 そう言えば、先日、東京方面へ出かけた時に、SEIKO SND253 をしている人を二人見かけました。一人はホテルの受付の男性、もう一人は同じ会合に出ていた同業者。微妙に流行っているのかもしれません。広島ではあまり見かけないので、少々うれしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

腕時計オーバーホールその後2

腕時計OHその後

 ロードマーベル36000(LM36)、キングセイコー(44KS)のオーバーホール後、約1ヶ月半経過しました。その後の様子ですが、

 LM36は、日差プラス5秒で、順調そのもの。約30年前の1975年製とは思えない調子良さです。

 一方の44KSは、これまで 4、5 回止まりました。日差もマイナス5秒程度と遅れ気味で、今一つ時計としては信頼性に欠けます。(笑)ただ、何となく、”ちょっと疲れたから休む”みたいな感じで、微笑ましい気もします。約40年前の1967製だから仕方ないかぁと思っています。

 調子良く動いても、時々止まっても良い方の考える事ができる。これが、古い時計の楽しみ方かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

雨の日の時計は

 台風一号ってなかなか見ることが少ないですが、今年のものは日本の近くま来て、温帯低気圧になったみたいです。今年は五月晴れという爽やかな日が少なく、雨の日が多いです。これは梅雨入りではなく”梅雨のはしり”だそうです。

 個人的には、雨はあまり嫌いではありません。雨の風情はなかなか良いものがあります。ただ、少々矛盾しますが、私は朝夕の会社への徒歩通勤時、体が濡れてしまうのはどうも困ります。体が濡れる事自身も嫌なのですが、古い時計が調子が悪くなると困るからです。また、皮ベルトも水に弱いので濡らしたくない気持ちもあります。という事で、最近は、キングセイコーとロードマーベルはご無沙汰しています。

 反対に、100M Water Resistance の SEIKO PILOT CHRONOGRAPH は、ねじ込みのリューズなので近頃の天候には良く使用しています。 それから、次に機会が多いのが、OCEANUS。こちらも10気圧防水。天候によって、腕時計を選ぶのも楽しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

OHその後

・OHその後
 ロードマーベル(LM36)、キングセイコー(44KS)のオーバーホール後の様子です。前回の経験から、10日では、どうのこうのというのは早い気もしますが(笑)、LM36は調子良く作動中。ただ、44KSの方は、日差が遅れ気味です。また、止まったりします。これまで一回止まりました。古い時計だから仕方ないのかなあと思っています。

 最近、使用頻度が多いのが、SEIKO5、Bunnyとオシアナス。5とBunnyは、軽いのが良いです。私の用途としては、デイト表示があれば十分です。また、オシアナスは、クロノグラフとしては軽いし、いくら傷がついても気にならないし。(笑)

 ロードマーベルやキングセイコーは、あまり使ってないです。キングセイコーも文字盤がきれいになれば、ベルトをカミーユフォルネ付け替えて使うのですが。

 某日の日経新聞によると、セイコーの経営状態が改善しているらしいです。なんでも、高級腕時計が売り上げが好調のためらしいです。これは、ロレックスを初めとした外国製の機械式時計のブームのせいだろうと思います。何しろ機械式時計には全く興味がないこの私が興味を持つくらいですから、猫も杓子も的なところは確かにありそうです。私の身の回りで目につく時計は、ロレックスのデイトジャストやオメガスピードマスターです。時々、タグホイヤーもある程度。現在非常に興味を持っている、セイコーのグランドセイコーは見たことがないです。やはり、パッと見てブランドがわかる時計は、金を払う価値があると思います。ただ、私としてはあまり人が持っているものはいやだなあという気もあり、いろいろ悩みの時期でもあります。
 バーゼルが終わったので、そろそろ各メーカーから新製品が出てくる頃です。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

腕時計が戻ってきました

 オーバーホール後、調子が悪くなって、4月17日に点検に出していた二本の腕時計(44KS, LM36) が、戻ってきました。いつも宅急便でやりとりをしているのですが、44KSの方はまだ針が動いており、時間もだいたい正確でした。LM36の方は止まっていましたが、ゼンマイを巻いてやると動き始めました。

 前回は、オーバーホール後、44KSは最初から変な感じがありました。しかし、LM36はオーバーホール後二週間までは絶好調でしたが、その後調子が悪くなりました。この経験から、少なくも一ヶ月は調子を見ないと、調子が良い悪いは言えないと感じています。

 時計屋さんによると、何でも止まる原因は次のようです。44KSは、”糸状のほこりが動きを止めていた。” LM36は、”ガンギへの注油忘れ。”との事でした。何て人間的なミスなんでしょうか?両方とも、ゼンマイを十分巻いても止まる事があるので、何かが運針を妨げているんだろうなとは思っていました。ただ、ガンギへの注油忘れには、少々驚きました。オーバーホールの仕上げでしょうに・・・・。注油作業前に何か、用事が入ったのでしょうか?私も、何か用事をしている時に電話などが入ると、進行中の作業を忘れてしまうことがよくあるので、よくわかる気がします。

 今回、感じたのは、何らかのミスがあった時の対応で印象がずいぶん違うなあという事です。今回の時計屋さんは、不具合を連絡した時や受け取って原因がわかった時の対応が、誠実で迅速でした。また、ミスの内容や原因を説明していただけると、納得できるし、寛容な気持ちにもなることができます。また利用しようという気にもなる。サンヨーのデジカメの話にあるような、高飛車で不誠実な対応であれば、もう二度と利用しないでしょうから・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

腕時計の調子が悪くなりました他

・ 腕時計の調子が悪くなりました。

 キングセイコー(44KS) ロードマーベル36000(LM36) が揃って調子が悪くなりました。時々止まります。オーバーホールをしていただいたところで、診てもらうことにしました。古い機械式 時計ってこんなものなんでしょうか?

 新しい、セイコーファイブ(SNX111)は、調子がいいです。日差10秒程度進むのは日常的には全く問題なし。軽いし、最近のお気に入りです。

・ サンフレッチェの監督交代

 先日、”サンフレッチェが最下位”と書いたら、監督がいきなり交代だそうです。新監督には、がんばって欲しいです。しかし、今日のセレッソ大阪戦、佐藤寿人の最速8秒ゴールが出ましたが、引き分けだったようです。まあ、監督が変わったからと言ってすぐに勝てれば、苦労はないですが。

・カープも最下位・・・・

 延長12回に、内野五人シフトでピンチを切り抜けたものの、その次の打者で捕手後逸等で得点され、結局敗戦。サンフレッチェ共々、広島勢冴えません。

・ ファンレスロードテスト

 水冷PCのロードテストですが、冬の間は電気代節約のために中断していました。冬季は、夜間に電力食いのオイルヒーターを使用するためです。

 この度、UDマシンの電源を入れてみましたら、ピーピーという音が出て起動しないものが1台。Hydrocool200がついているPCでした。冷却水をかなり補給しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)